消費者金融と比べた際の現金化のメリットは?

緊急でお金が必要な際に大きな力になってくれるのがアコムやプロミスなどの消費者金融ですが、この消費者金融を利用する場合にはある一つのことがハードルとなって立ちふさがります。
それが「本人確認」です。
利用者が消費者金融に対して提出した書類などに誤りがないかどうかを確認するために職場などに電話がかかってくるのですが、この電話によって自分が消費者金融を利用しようとしていることを職場に知られるのが嫌だということで、消費者金融の利用に踏み出せない人が多くいます。
急場をしのぐためだけにわざわざそんなリスクを背負うのは・・・と考える人もいるでしょう。
多少なりともその気持ちは分かります。

そういった際に消費者金融よりも使い勝手がいいのが「クレジットカードの現金化」だと思います。
ある商品をクレジットカードで購入して、それを業者に持っていき現金で買い取ってもらう、というシンプルな流れなのでいわゆる「本人確認」という作業が入り込む余地がないのです。
別にその業者と「契約」するわけでもなし、お金の貸し借りがあるわけでもない。
しかも消費者金融と異なり事前に必要な手続きなどもないので、本当に「すぐに」お金が必要な方にとっては現金化のほうに大きなメリットがあると思います。
ターミナル駅などの大きな駅の近くなら、現金化の業者がたくさんあるので店ごとに少しずつ異なる換金率のいい商品を選びやすいのも利点の一つですね。

消費者金融と比べて「(本人確認などの)ハードルが低い」「単発での利用が可能」「時間がかからない」というのが現金化の大きなメリットだと思います。
ただ注意しなければならないのは消費者金融と違い現金化というのは「違法ではないが極めてグレーに近い行為」とされています。
乱発せずに一回だけの利用だけならまず大丈夫だとは思いますが「カードの利用停止」などの処分になる可能性がゼロだとは言い切れません。
そのあたりを理解していただいたうえでご利用になる際には自己責任でのご利用をお願いいたします。

現金化で悪徳業者に騙されないためには?

現金化において私はいわゆる「悪徳業者」というものに騙されたことがありません。
それは現金化を行う業者を大きく分けると「対面」と「非対面」に分かれるのですが悪徳業者が存在する可能性のあるのが「非対面」で私はずっと「対面」の業者としか取引をしてこなかったからだと思います。

対面も非対面も現金化に関わる根本は同じで、利用者が商品を購入し業者がそれを現金で買い取るという形です。
大きく異なってくるのはお金のやり取りのタイミングで、対面は文字通り商品と引き換えに業者からタイムラグなしにお金を受け取ることができます。
それに対し非対面は業者の指定する商品を購入した後、こちらの口座等にお金が振り込まれるのですがその間に少しのタイムラグが生じます。
そしてこの際に「商品を購入したのにお金が振り込まれなかった」などの詐欺まがいの行為に合う可能性があるわけです。

もちろんこういった際には業者が悪いであろうはずなので、利用者側が訴えればこちらの有利にことを運ぶことができるのかもしれませんがいかんせんことの背景に「クレジットカードの現金化」というグレーゾーンのものが存在しているので利用者側も強気に出られずに泣き寝入りをせざるを得ないのでしょう。
またお金は振り込まれるのですが当初提示されていた金額よりもはるかに安い金額だった、という場合もあるようです。
これも上記したものと類似した問題ですが問題の背景が同じである以上結果もまた同じです。

非対面の業者とやり取りをする場合、ファーストコンタクトの方法は電話であるケースが多いです。
電話口での対応、言葉づかいなどで「ここは怪しいな」と感じてその業者とは取引するのを避ける、などといった悪徳業者判別方法もあるでしょう。
しかしそれ以上にシンプルで間違いがないと私が思うのが、「対面式の業者を選んで現金化を行う」というものです。
デリケートな内容が絡んでくるだけに安心して取引を終えられるようにしたいですよね。